×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルイ・ヴィトンの歴史

ルイ・ヴィトンは1821年スイスとの国境に近いジュラ山脈のアンシェイ村で誕生。1835年、当時14歳だったルイ・ヴィトン少年のパリ行きから始まった。彼は400キロの道のりを、徒歩で人に雇ってもらいながら一年以上かけて歩き、パリに辿り着いたのだ。パリでは荷作り用木箱製造兼荷作り職人として働き始めるが、30歳のときにはすでにフランス随一の鞄職人として、オートクチュールの豪華な衣装を入れる箱詰めの仕事に従事していた。
充分に経験を積んだ後、カプシーヌ通りに世界最初の旅行鞄のアトリエ ルイ・ヴィトンを1854年に設立。従来の蓋の丸いトランクから積み上げることが容易な平たい蓋を持つトランクや、革よりも軽い防水加工のグレーの布「グリ・トリアノン」を張って作ったトランクなど、旅を原点にし考案した商品は貴族から高い評価を得る。その後、ナポレオン3世皇妃ユウジェニーの専属荷作り職の命を受けたことからその名声は高まり、トランク製造職人としての地位を不動のものに。こうしてルイ・ヴィトンは以後100年以上も人々に愛され続ける長財布やバッグなどのブランドの基盤を作り、71歳で生涯を閉じました。

ルイヴィトンの長財布の特徴

ルイヴィトンの長財布はルイヴィトンが手がけるアイテムの中でも人気が高く、世界中に愛用者が多数います。
日本でもその人気は高く、女性を中心に男性にも広く愛されています。
ルイヴィトンの長財布はダミエ、ダミエ・アズール、エピ、モノグラム、モノグラム・ヴェルニ、モノグラム・マルチカラー、モノグラム・デニム、イガ、スハリ、ノマド、ユタ、アンティグア、 モノグラム・ミニ・ラン、コアラなどが定番です。
デザインの豊富さもヴィトン長財布の特徴で折財布、がま口折財布、Wホック折財布、二つ折長財布、三つ折長財布などがあります。また同様に色や柄も多種多様で、ブラウン、白(ホワイト)、黒(ブラック)、マルチカラー、ピンク、パンダ、マンダリン、イエロー、マシュマロピンク、パープルなどがあります。
ルイヴィトンの長財布はいずれも人気は高く、商品によってはそのあまりの人気の高さのために、一般売価よりも高い価格、すなわちプレミア価格で取引されているものもあるそうです。

ルイヴィトン長財布の人気商品

ルイヴィトン長財布の代表的人気商品を紹介。
『ダミエアズール』
 スタイリッシュなブルー×クリームのコントラスト!ダミエ・アズールです。
 小銭入れがファスナータイプでとても使いやすくカードも沢山収納できる機能的かつスタイリッシュなファスナー付長財布です。
『モノグラム』
 開けたときにすぐ中のものが見やすく、小銭入れ部分も大きく開きますのでとても使いやすいデザインの長財布。フラップをあけるとカ ード入れ4、内側カード入れ6、札入れ2、ファスナーコイン入れ1、内ポケット1付き。新型で収納力抜群の人気商品で、プレゼントにも お勧めの長財布です!
『モノグラム・ヴェルニ』
 ラウンドファスナーにより大きく開き、中のものが取り出しやすくなっております。複数のクレジットカードポケットやコンパートメン トが付き、機能性抜群の長財布です。
『ダミエ 長財布 ジッピー オーガナイザー 』
 カード・チケット・小切手・パスポート・ペン!と、とにかく収容力は抜群!普段使いにも、旅行にも便利です。カード用ポケット12 ヶ お札用ポケット1ヶ ポケット1ヶ コインケース(ジップ式)1ヶ 小切手挿し1ヶペン挿し1ヶの長財布です。

Copyright © 2007 ルイヴィトン長財布のこだわり